金魚の飼い方はとても簡単に飼うことが出来ますが、非常に奥深いものです。水槽、水草、フィルター、照明、水質、水温などこだわるときりがないです。まずは、金魚の飼い方ビギナーにとって最初に揃えるべき必要なものや金魚を飼うために最低限は守るべき注意事項を解説します。

金魚を飼うために必要最低限のそろえるべきもの

金魚を飼うためにまずは最初に最低限揃えるべきものをご紹介します。これだけあれば末永く金魚を飼うことが出来るでしょう。

水槽

水槽でなくても金魚鉢や発泡スチールなど水を貯めることが出来るものであれば構わないのですが、長く金魚を飼うことを考えればやはり専用の水槽を用意しましょう。各メーカーから様々な観賞魚用の水槽が販売されています。金魚を含む観賞魚用の水槽は標準規格があり30cm、45cm、60cm、90cm、120cmのサイズのものが販売されています。最初は30cm~60cmのものを選ぶと良いでしょう。

金魚用の水槽選びの注意点

金魚の水槽を購入する際は必ず観賞魚用の水槽を購入しましょう。アクアリウムショップやホームセンターに行くと様々な形の水槽が販売されていますが、中には爬虫類向けの水槽もあり、金魚を飼うためには水深が浅く金魚を飼いづらい水槽もあります。わからなければお店の人に金魚に適した水槽の選び方を相談してみてください。

フィルター(ろ過器)

金魚が小さく、金魚の数も少なければエアーポンプとエアーストーンのみで構いません。しかし、水替えの頻度や金魚が大きく育つことを考えて、フィルターと呼ばれるろ過器を購入しましょう。フィルターには様々な仕組みのものがありますが、最初は投げ込み式フィルターか上部式フィルターと呼ばれる仕組みのものを購入しましょう。両者はろ過量も多く、しかもメンテナンスも簡単です。

砂利

砂利は無くても良いという方もおりますが、筆者は金魚を飼うにあたり砂利は用意した方が良いと思っております。金魚の水槽で砂利を敷く理由は大きく2つあります。金魚の水槽の砂利は水質を浄化させるためのバクテリアの住処になります。また、砂利を金魚の水槽に敷くと、金魚のエサの食べ残しや金魚の糞などが水槽の底の砂利に定着し、水槽内を舞う事もなく水質が安定します。金魚を飼う初心者ならば必要不可欠でしょう。砂利は一度すすいでから使うものがほとんどです。

金魚の餌

金魚の餌は金魚専用のものを選びましょう。金魚のエサには大きく3つの種類があります。人工飼料と呼ばれるもの、イトミミズなどの生餌、生餌を乾燥させた乾燥資料の3つです。人工飼料では浮遊タイプの餌と沈降タイプの餌があります。飼う金魚の種類によって使い分けてください。和金などの流線型で泳ぎが上手な金魚は浮遊性の金魚のエサを、らんちゅうなどの泳ぎが上手でない金魚は沈降性のエサを使いましょう。イトミミズなどの生餌はアクアリウムショップやホームセンターで販売されています。乾燥飼料もアクアリウムショップやホームセンターで販売されています。

カルキ抜き

カルキ抜きは水道水を金魚の飼育に使う際に水道水を中和するために用います。各メーカーから様々なタイプのカルキ抜きが販売されいます。中和成分以外にも水質を改善させるための成分が入ったものもあります。粒状のものやリキッド状のものもあります。私はハイポと呼ばれる粒状のカルキ抜きを使っています。値段も手ごろで保管も簡単なのでおススメです。

ハイポ

金魚を飼い始めるための手順は?

金魚を飼うために必要な資材を購入出来てもすぐに金魚を水槽に入れてはいけません。金魚を水槽に移す前にやっておくべきことをご紹介します。

水槽を立ち上げる

上部式フィルター

水槽の立ち上げ

金魚を水槽に移す前に必要なことが水槽の立ち上げです。様々な方法がありますが簡単な金魚のための水槽の立ち上げ方をご紹介します。まず、水槽内に砂利やフィルターなどの必要なものを設置し、水を規定量まで注いだらカルキ抜きを投下し、フィルターを電源につないで金魚を入れずにフィルターを作動させ、1~2時間そのままにします。
その後金魚の水合わせといって金魚を購入した時の袋のまま水槽に浮かべます。金魚を袋のまま水槽に浮かべ1時間程度待ちます。その後、ゆっくりと袋の口を開け水槽内に金魚を泳がしてください。これで金魚の飼育がスタートします。

初心者でも簡単に育てられる金魚の種類は?

初心者でも簡単に育てられる金魚の種類はズバリ和金です。和金は別名、小赤といって金魚すくいでも使われている金魚の種類です。形は金魚の先祖であるフナによく似ていて流線型の金魚です。とても丈夫で飼いやすい種類です。その他にも丸形の金魚ならば琉金が飼いやすいです。ただし、和金と琉金を一緒に飼うのは避けた方が良いでしょう。様々な種類の金魚を飼いたい場合はなるべく形が似た金魚を混泳させてください。

和金

金魚の餌はどうやって選ぶ?

金魚の餌も各社から様々なタイプが売られています。ここでは代表的な種類の金魚の餌をご紹介します。

浮遊性タイプの金魚のエサ

浮遊性タイプの金魚の餌は水面に浮くことで水槽の水質を汚しづらい性質を持っています。浮遊性のエサは泳ぎが上手な和金やコメットなどの金魚に適しています。

沈降性タイプの金魚のエサ

沈降性タイプのものはフレーク状になっているものが多いようです。水槽の底に沈むので琉金や出目金などの泳ぎが苦手な種類の金魚の餌に適しています。

イトミミズなどの生餌

イトミミズは金魚が好んで食べます。食欲が落ちているときなどに与えると良いでしょう。生きてはいないのですがフリーズドライの乾燥したタイプのイトミミズも販売されています。

金魚を飼うときの注意点

金魚を飼うときにまずは気を付けたいのが設置場所。ベランダなどの屋外や屋内でも日当たりが良い場所だと、コケが繁殖しやすく水質の悪化につながります。また、夏場は水温が上がりすぎてしまいます。なるべく日の当たらない年中通して涼しい場所を選びましょう。

水槽を置く台にも注意!

水槽に水を入れると相当な重さになります。例えば、標準規格の45cm水槽(幅45cm×奥行25cm×高さ30cm)では27リットル(25kg)の水が入ります。そこに水槽の自重とフィルターの重さが加わると30kg~40kgになります。下駄箱の上などに金魚の水槽を設置しがちですが、なるべくなら避けた方が良いでしょう。頑丈なスチールラックや水槽専用の台を用意した方が無難です。

初心者の金魚の飼い方のまとめ

いかがだったでしょうか?金魚の飼い方は難しいものではありません。用意するものもアクアリウムショップやホームセンターに行けば初心者向けにセットでも売られています。金魚を飼うために必要なものを購入する際の参考にしてみてください。また、金魚は生き物です。そして長生きします。長く飼うことをイメージして金魚の飼育を始めましょう。

The following two tabs change content below.

僕たちの金魚。編集部

金魚の飼い方編集部です。金魚を飼い続けて早20年。初心者からベテランまで金魚の飼い方のコツや器具の解説をご説明いたします。